清木場俊介、弥吉淳二さん悼む「言葉にならないくらいに悔しくて残念です」

2018年1月30日20時39分  スポーツ報知
  • 清木場俊介

 元EXILEでシンガー・ソングライターの清木場俊介(38)が、30日ブログを更新し、26日に亡くなったギタリストの弥吉淳二(やよし・じゅんじ)さんを悼んだ。

 弥吉さんは、26日午後9時31分に入院先の病院で死去したことが30日、所属事務所から発表された。49歳だった。

 清木場は「俺がグループを辞めて 一人ロックの音作りに悩んでる時に アルバムをプロデュースしてもらい ツアーにも参加してもらい…とてもお世話になった方」とした上で、「いつかまた必ず作品を一緒に作りたかったのだが…言葉にならないくらいに悔しくて残念です。苦しい闘病生活だったと思います。ゆっくり天国で休んでください。ご冥福をお祈りします」と記した。

 弥吉さんは自身でバンド活動を行った後、サウンドプロデューサーとして活動。aiko、吉川晃司らを手がけた。プライベートでは00年11月にシンガー・ソングライターの椎名林檎(39)と結婚し、1男をもうけたが、02年1月に離婚した。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)