「とんねるず」石橋、フジ18年ぶり“ピン” ミッツとダブルMC

2018年2月7日4時45分  スポーツ報知
  • フジテレビの新バラエティーが決まった石橋貴明

 3月いっぱいでフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜・後9時)が終了する、とんねるずの石橋貴明(56)が4月から同局の新バラエティー番組でMCを務めることが6日、分かった。放送時間は月曜午後11時で、タイトルは未定。単独で同局の番組MCを務めるのは「第4学区」(2000年4~9月)以来、18年ぶりとなる。

 同局の看板番組を背負ってきた石橋が新たなスタートを切る。新番組は「大人のノスタルジーを刺激するトーク番組」がテーマ。同局で初のレギュラー番組となるダブルMCのミッツ・マングローブ(42)と初タッグを組み、ゲストとともにアイドルやテレビ、歌謡曲、野球などさまざまな話題の“少し昔の話”を語り合う。

 同枠ではこれまで「あいのり」「テラスハウス」「キスマイBUSAIKU?」といった若者向けの番組が放送されてきたが、今回は大人向けのテイストに移行。関卓也プロデューサーも「石橋さんの昔を語る時の壮絶な記憶力と博識ぶりにいつも圧倒されます。その怪力を感じるピッタリの番組」と話す。ミッツとは共演経験はあるが、一緒にMCを行うのは初めて。関プロデューサーも「石橋さんのエネルギーがミッツさんとどんな化学反応を起こすか大変楽しみです」と話している。

 1988年から放送してきた「みなさん―」は、「仮面ノリダー」や「食わず嫌い王決定戦」などの人気コーナーで同局の看板番組に君臨してきたが、30年の節目に終了することが決まり、とんねるずの動向が注目されていた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)