コシノジュンコ氏“アミダばばあ”の衣装デザインしていた!イメージは「ドキドキ感」

2018年2月9日20時12分  スポーツ報知
  • コシノジュンコ氏

 ファッションデザイナーのコシノジュンコ氏(78)が9日放送のフジテレビ系「モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!~」(金曜・後7時)に出演し、80年代の国民的バラエティー番組「オレたちひょうきん族」のキャラクター「アミダばばあ」の衣装をデザインしていたことをテレビで初告白した。

 コシノ氏は、明石家さんまがふんした大人気キャラクター“アミダばばあ”の大きな金庫が胸元にある衣装に「金庫。アミダくじって、ドキドキするじゃない。当たるか当たらないか。金庫も開けると何が出てくるかなみたいなね。棒線を引っ張ってリアルにしたってデザインじゃない」とデザインのイメージを初告白。

 お笑いタレントのケンドーコバヤシ(45)は「何で金庫かなって小さい時に思った。言われてみればアミダばばあって必要以上におしゃれ。コシノさんがデザインで。テーマ曲は桑田佳祐さん。そんなコントキャラクターいます?」と驚きのコメント。

 さらにコシノ氏は、1993年の巨人のジャンパーもデザインしていたことを告白した。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)