中居正広、羽生の精神力に感服「こんなに自分の力を出せるものなのでしょうか」

2018年2月16日15時3分  スポーツ報知
  • 羽生結弦

 ◆平昌五輪第8日 フィギュアスケート男子SP(16日、江陵アイスアリーナ)

 右足首負傷から4か月ぶり実戦となった羽生結弦(23)=ANA=が、自己ベストに迫る111・68点をマークし、66年ぶり五輪連覇に向けて首位発進した。

 2位は16年世界選手権2連覇のハビエル・フェルナンデス(26)=スペイン=が107・58点、宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が104・17点で3位につけた。

 TBSの平昌五輪メインキャスターとして生中継で興奮を伝えた中居正広(45)は、羽生の精神力に「こんなに自分の力を出せるものなのでしょうか」と感服。

 さらに「羽生選手の生ドキュメントとを見ているようでした。こんなドラマチックなことがあるのかなって。自分のもどかしさ、歯がゆさというのは自分でしか証明できない。とにかくほっとしました」と感想を語った後、「羽生選手がトップバッターですごい演技をしたので、最終第5組は影響を受けた選手とそれを力にした選手の二手に別れてしまった」と分析。

 最後に「日本人がホントにすごいなって。誇らしい。羽生選手はどんな点数を打ち上げてくれるのか。宇野君にも期待」と笑顔を見せていた。

ジャニーズ
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ