藤井聡太六段「望外の結果」羽生竜王に勝ち決勝も完勝 ひふみん抜き最年少V記録更新

2018年2月18日6時0分  スポーツ報知
  • 優勝トロフィーを手に笑顔を見せる藤井聡太六段(カメラ・小泉 洋樹)
  • 決勝戦で初手を指す藤井聡太五段=対局時=(左)と広瀬八段(カメラ・小泉 洋樹)

 将棋の史上最年少棋士・中学3年生の藤井聡太五段(15)が17日、東京・有楽町朝日ホールで行われた第11回朝日杯将棋オープン戦で初優勝を果たした。準決勝では、公式戦初対局の羽生善治竜王(47)を撃破し、決勝では広瀬章人八段(31)に完勝。史上最年少の15歳6か月、史上初の中学生で一般公式棋戦優勝者になり「望外の結果です」と語った。昇段規定を満たし、同日付で史上最年少で六段に昇段した。

 盤の前では平然としていた藤井は、マイクを握ると緊張で声を出せなかった。超満員の観客780人、45社120人の報道陣が見守った優勝あいさつ。間を置いた後、ようやく発したのはあの言葉だった。「望外の結果を残すことができましたが、さらなる高みを目指して全力を尽くして参ります」。昨年、史上最多記録の29連勝を樹立する過程で度々用いた「望外」のフレーズを再び選んだ。「あの時は夢中で…。今回は感慨深いものがあります」

 世紀の一戦でも力を発揮した。「程良い緊張感で」。13日に国民栄誉賞を受賞した羽生と準決勝で実現した公式戦初対局は、未知の将棋に突入した。形勢を損ねた羽生が大胆な勝負手を放っても終始冷静に対応。終盤も「羽生マジック」の芽を摘んで確実に寄せた。「将棋を始めた頃からの憧れで大きな存在。力を尽くして戦えて、勝利を収められて感無量です」

決勝も完勝 決勝ではA級棋士の広瀬章人八段にチャンスを与えず、終盤の絶妙手で差を広げた。最後は、絶対に危険を冒さない老練の指し回しで完勝。優勝賞金750万円の使い道を問われ「特に…決めていないですけど…遊ぶことのないようにしたいです」と笑わせる余裕すらあった。

 羽生が66年ぶりの五輪連覇なら、藤井は63年ぶりの記録更新だ。15歳6か月での一般棋戦優勝は1955年に加藤一二三・九段(78)が「六・五・四段戦」(現在は廃止)を制した15歳10か月の年少記録を塗り替えた。「まだゴールじゃないです。これからずっと先がある。さらに精進して上を目指していきたいです」

 今月1日に五段に昇段したばかりだが「五段昇段後の全棋士参加棋戦優勝」を果たし、中15日で六段になった。「まだ半月しか…。また昇段できるのは実感がなく、驚いています」。1990年度の棋聖戦で当時18歳6か月の屋敷伸之現九段が樹立した史上最年少タイトル獲得記録の更新は夢物語ではなく、超えるべき課題に変わった。

 優勝の一局で公式戦11連勝。誰に勝っても、どれだけ勝っても、もう驚きなどない。(北野 新太)

 ◆六段アラカルト

 ▽人数 現役棋士では計32人。昨年7月に藤井の30連勝をストップさせた佐々木勇気五段(当時)も、直後に昇段。

 ▽報酬 対局料やイベント出演時の報酬が原則上がる。(額、割合などは非公開)

 ▽どうやったら七段に? 7つの昇段規定があるが、藤井が来年度中に実現可能なのは「タイトル1期獲得」「竜王挑戦」「六段昇段後に竜王ランキング戦で連続昇級」「六段昇段後に全棋士参加棋戦優勝」の4つ。

将棋
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ