森麻季アナが第1子出産控え「ウェークアップ!ぷらす」を卒業「元気な赤ちゃんを産みたい」

2018年2月24日9時32分  スポーツ報知
  • 出産のため「ウェークアップ!ぷらす」を突業するフリーの森麻季アナウンサー

 日本テレビ系報道番組「ウェークアップ!ぷらす」(土曜・前8時)の女性キャスターを務めるフリーの森麻季アナウンサー(37)が24日の生放送をもって番組を卒業することが発表された。

 森アナは36歳の誕生日だった昨年2月19日に同じ「森」という名字の40代の会社経営者と再婚。第1子を妊娠しており、4月末に出産予定だ。

 番組の最後に、メインキャスターの辛坊治郎氏(61)から発表され、あいさつを促された森アナは「出演者やスタッフの方々が、(スケートの)パシュートのようないいチームワークで大好きです。温かく見守ってくれる視聴者の方々がいて、居心地のいい場所でした。離れるのはさびしいですが、まずは元気な赤ちゃんを産みたい」と視聴者に向けて笑顔を見せた。

 また、コメンテーターから始まり、5年間、番組レギュラーだったフリーの坂木萌子アナウンサー(30)も、森アナとほぼ同時期に出産を控えるため、番組を卒業。「これからは母として成長していきたい」と話した。

 森アナは番組制作局・読売テレビの森若佐紀子アナ(40)に代わり、2014年4月からキャスターを4年間務めていた。後任は同局の諸國沙代子アナウンサー(25)。ミス東大で、今春で4年目に突入する“元気印”。3月3日から出演する。全国ネット報道番組に出演するのは初となる。

芸能
注目トピック