仮想通貨女子・リップル担当の香月ひなた、突発性難聴で活動休止

2018年2月27日15時58分  スポーツ報知
  • 仮想通貨女子(ロイター)

 ロイター通信など海外メディアが取り上げ話題となったアイドルユニット「仮想通貨女子」のリップル担当で、「星座百景」メンバーの香月ひなた(16)が27日、自身のブログで突発性難聴のため活動休止すると発表した。

 香月は「私は最近、万全な状態でパフォーマンスすることが難しく、お休みすることが続いていました」と記し「その理由は、右耳に違和感を感じ、病院を受診したところ『突発性難聴』と診断されました。主に右耳ですが、両耳の聴力が低下しているのが事実です。めまい等の症状も起こる事が多々あります」とつづった。

 そして「今は初めてのリリースイベントもあってすごく大事な時期だし、これから!という時にこんな病気になってしまい本当に悔しいです」と心境と吐露。「事務所の方とも話し合った結果、活動を休止することに決めました。自分で決めたことだけど、正直怖いです。本当に怖いです。戻ってきた時の環境の違いとか、ファンの方は私のこと忘ちゃうんじゃないかな、嫌いにならないかな?とか私の居場所はあるのかな?とか。でも、今の私ではみんなに笑顔と感動を与えられません。だから、この悔しさや不安もバネにして、パワーアップして帰ってきたいと思います」と誓っていた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)