キムタク主演「BG~身辺警護人~」第7話は15・8% 番組最高を更新

2018年3月2日10時6分  スポーツ報知
  • 「BG」出演の(左から)菜々緒、斉藤工、上川隆也、江口洋介、石田ゆり子、間宮祥太朗

 1日に放送された俳優・木村拓哉(45)主演のテレビ朝日系ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜・後9時)の第7話の平均視聴率が15・8%だったことが2日、分かった。

 初回は15・7%でスタートし、第2話は15・1%、第3話は13・4%、第4話は13・6%、第5話は14・0%、第6話は14・8%と推移。今回は1ポイントアップし、番組最高の数字をマークした。

 武器を持たずに人を護る民間ボディーガード・島崎章(木村)を主人公にした濃密な人間ドラマ。木村とは全話平均視聴率32・0%の「GOOD LUCK!」(03年、TBS系)、同19・6%の「エンジン」(05年、フジテレビ系)以来のタッグとなる井上由美子氏が脚本を担当する。

 第6、7話では、木村が全話平均視聴率29・6%を記録した代表作「ロングバケーション」(96年、フジテレビ系)以来22年ぶりに女優の山口智子(53)と共演したことも話題となった。

 木村のドラマ主演は昨年1月期のTBS系「A LIFE~愛しき人~」以来1年ぶり。木村がテレビ朝日で主演した2015年4月期の「アイムホーム」は全10話の平均が14・8%をマークしている。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能
注目トピック