AKB坂口渚沙、北海道で「献血推進ガール」就任「献血したい気持ちが一層強くなった」

2018年3月4日7時53分  スポーツ報知
  • 「献血推進ガール」に任命された坂口渚沙

 人気アイドルグループ、AKB48「チーム8」の北海道代表・坂口渚沙(17)が3日、北海道赤十字血液センターの「献血推進ガール」に任命され、札幌市内の同センターで委嘱状交付式に臨んだ。

 少子化の影響などで献血協力者が減少している中、同センターの山本哲所長は「坂口さんの素敵な笑顔、あふれるパワーをお借りして献血を広め、血液の持つ力を伝えてもらいたい」と期待を寄せた。

 輸血を必要とする人の動画を見た坂口は「献血したい気持ちが一層強くなった。1回の献血で救える命があるということを伝えていけたら」。献血推進キャラクター「けんけつちゃん」のぬいぐるみを抱きながら、使命感を口にした。今後は街頭や商業施設などで献血を呼びかけていく。

芸能
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ