YouTubeにジャニーズJr.公式チャンネル開設 5組が独自コンテンツ配信

2018年3月5日6時0分  スポーツ報知
  • HiHi Jets

 ジャニーズ事務所は4日、世界最大のインターネット動画投稿サイト「YouTube」で公式チャンネルを開設することを発表した。21日からジャニーズJr.5人組「HiHi Jets」ら5組が独自のコンテンツを配信する「ジャニーズJr.チャンネル」がスタート。5日からプレオープン(https://www.youtube.com/johnnys)する。

 「―Jr.チャンネル」は5組のJr.グループが曜日ごとに視聴数を競う形で、音楽コンテンツやトークなどをほぼ毎日配信する。同事務所の所属タレントが出演するドラマや映画の予告動画は、2年近く前から同サイトで流されることはあったが、今回は事務所主導でのチャンネル開設となる。

 ジャニーズ事務所はこれまでインターネット上での取り組みに対し、肖像権保護の観点やネットメディアに対する法整備が追い付いていないことを理由に慎重な姿勢を取ってきた。だが、近年の市場の変化を受け、1月末からニュースサイトでの写真掲載を条件付きで解禁。今回、いよいよネット上での動画配信が本格的に解禁される。

 同事務所によると、今回開設される「―Jr.チャンネル」は、2年前からサイト側と話し合い、昨年夏に実施が決まった。「違法サイトで動画が視聴されるのであれば、オフィシャルなサイトでご覧いただきたいというのも今回の開設の大きな目的」と同事務所。「YouTube」は世界的にも有名で、所属タレントが多く関わるであろう再来年の東京五輪を見据えた狙いものぞかせた。

 今回発表されたのは、Jr.メンバーによるコンテンツだけ。「まさにこれから世の中に出ていく彼らが最適な出演者」と事務所。今後の“CDデビュー組”の出演については「遠い将来のことは分からない。認知度がある子たちのチャンネルではなく、これから世の中に出ていく子たちのチャンスの場になっていければ良いと考えている」とした。

 ◆ジェシー「新しい道できた」

 事務所内で第1号のユーチューバーの1人となる「SixTONES(ストーンズ)」のジェシー(21)は「世界への挑戦! 僕たちの新しい道ができました!」と喜んだ。5組とも、これまでジャニー喜多川社長が作・演出を手がける舞台などに数々出演。最近では「King&Prince」が今春にCDデビューすることが決まったばかり。「Snow Man」の岩本照(24)は「YouTubeの影響力の大きさは知っているので大きなチャンス」と力を込めた。

 ◆ジャニーズ事務所のインターネット解禁の流れ

 ▼2016年4月 映画、ドラマなど一部映像のYouTube掲載が開始。

 ▼同夏 ファンクラブ会員のウェブ登録システムやコンサートでの電子チケットを導入。

 ▼17年4月 宣材写真のSNS使用を解禁。

 ▼同7月 KinKi Kidsの「20周年イヤー特別サイト」を展開。全プロモーション映像配信、一部映像商品配信を実施。

 ▼同8月 CD、DVDジャケット写真のECサイト上での使用を解禁。

 ▼同11月 ジャニーズWESTが「NETFLIX」のオリジナルドラマに出演。

 ▼同12月 V6・岡田准一が「LINE LIVE」でイベント生配信を実施。

 ▼18年1月31日 関ジャニ∞・錦戸亮が外国特派員向けに行った記者会見を機に、インターネット上のニュースサイトでの同事務所タレントの写真掲載が解禁。

ジャニーズ
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)