くりぃむ上田、日テレ日曜3番組目のMCに「ゆくゆくは、笑点の司会も狙っています」

2018年3月6日12時0分  スポーツ報知
  • 「上田晋也の日本メダル話」出演の山本紘之アナと上田晋也(C)日本テレビ

 お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の上田晋也(47)がMCを務める日本テレビ「上田晋也の日本メダル話」(火曜・深夜1時29分、関東ローカル)が、4月から日曜の午後5時に“昇格”することが6日、分かった。進行は同局の山本紘之アナ(29)が担当する。

 2016年にスタートした同番組は、日本を元気にする“スポーツの力”をテーマに、2020年東京五輪・パラリンピックで活躍が期待される“若い才能”のすごさを紹介。第2回放送では、当時小学6年生だった卓球の張本智和(14)=エリートアカデミー=も特集している。

 今回、平日の深夜から日曜の夕方に引っ越しすることになり、上田も「超一流のアスリートをご紹介させて頂こうと思っておりますので、ぜひ楽しみにご覧頂きたいと思います!」と意気込む。同局の日曜夕方から夜にかけての番組は、いずれも高視聴率を記録する人気番組ばかりで、上田は直後の時間帯に放送される国民的演芸番組「笑点」(後5時半)に対しても「ゆくゆくは、笑点の司会も狙っています! 大喜利の準備もできております!」と自ら売り込み。

 また、日曜に「おしゃれイズム」(後10時)と「Going! Sports & News」(後11時55分)のMCを担当していることから、「(3つにとどまらず)『イッテQ!』も狙っております!」とさらなる日曜進出を宣言した。

 

芸能
注目トピック