北島三郎、次男・誠さん急死に涙「かわいい我が子が先に旅立ってつらい」

2018年3月7日23時2分  スポーツ報知
  • 会見した北島三郎

 演歌歌手の北島三郎(81)の次男で、元ミュージシャンの大野誠さんが東京・調布市の自宅で亡くなっていたことが7日、分かった。51歳だった。調布署によると、大野さんは3日に遺体で発見された。外傷はなく、病死とみられる。大野さんは「大地土子(だいち・とこ)」名義で作詞・作曲家として活動し、北島ら所属事務所の歌手の楽曲の著作権を管理する「北島音楽出版」の常務を務めていた。

 訃報が明らかになったのを受けて、北島はこの日夜、都内ホテルで取材に応じた。報道陣約60人を前に「大事な、大好きなかわいい我が子が先に旅立ってつらいです。息子であり、私の良き相方でした」と声を詰まらせながら涙ぐんだ。

 死因は心不全で、死後数日以上が経過していた。大野さんは独身で、調布市の自宅兼事務所で一人暮らしをして音楽創作に励んでいた。昨年から肝臓の不調などを訴えていたという。通夜はこの日、都内で親族のみで営まれた。8日に告別式を行い、後日、お別れの会を開く。

 北島は、14年に実弟で北島音楽事務所常務の大野拓克さん(享年67)を肝臓がんで亡くしている。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ