中村獅童が「ニコニコ超会議」発表会で「超歌舞伎」第3弾を発表

2018年3月13日20時48分  スポーツ報知
  • ステージで初音ミクとの「ツーショット」を披露した中村獅童

 歌舞伎俳優の中村獅童(45)が13日、東京・六本木のニコファーレで行われた「ニコニコ超会議2018」(4月28、29日・幕張メッセ)発表会に出席。超歌舞伎の新作「積思花顔競(つもるおもいはなのかおみせ)」の上演を発表した。

 超歌舞伎は歌舞伎と最新の映像技術をコラボレーションさせた舞台で、今年で第3弾。獅童と、立体映像で再現された音声合成ソフトのキャラクター・初音ミクが共演する。今回は「愛に似た恩返し」がテーマ。歌舞伎の顔見世舞踊「積恋雪関扉」をベースに、獅童、ミクがそれぞれ1人2役を演じる。さらにボーカロイドキャラクターの鏡音リンも登場、同キャラが歌う「天樂」が劇中曲に使用される。冒頭には「お祭り」を元にした「祝春超歌舞伎賑」を上演する。

 獅童は昨年の上演翌月に肺腺がんを公表、手術したことを振り返り「超歌舞伎の直前に病気が分かって、超歌舞伎をやらせていただいた後に発表しました。皆さんからのメッセージがうれしくて、勇気をいただいたおかげで病に打ち勝つことができた」と感謝。「舞台を休んでいましたので、すべての思いをぶつけたい」と意気込みを語った。

 3年連続となる初音ミクとの共演については「大変な成長ぶりです。去年の年末からお稽古を始めてますが、(ミクは)のみ込みが早いですね」と笑わせていた。28、29日にそれぞれ2回ずつ上演予定だ。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)