デヴィ夫人に歯科医驚愕 虫歯なし&虫歯治療もなし「78歳で歯が全部あるのがすごい」

2018年3月14日20時1分  スポーツ報知
  • デヴィ夫人

 14日放送の日本テレビ系「1周回って知らない話」(水曜・後7時)にタレントのデヴィ夫人(78)が出演。番組の企画で行った歯科検診で、歯科医も驚愕の事実がわかった。

 過酷なロケなど78歳とは思えないパワフルなタレント活動を繰り広げるデヴィ夫人。元気の理由は歯にあるのではと、都内の歯科医院でレントゲン撮影を含む精密な歯科検診を行った。その結果、現在虫歯が一本もないだけでなく、過去に虫歯の治療をした形跡もないことがわかった。

 診察した医師は「78歳で歯が全部あるのがすごい。これはすごいことです」と称賛。もともと28本ある歯の、70代での平均は18本。治療の痕跡もなく28本全部が残っていることは奇跡的だという。医師は「二十数年で本当に今まで出会ったことないんじゃないかと」と驚きを隠せなかった。

 なぜこんな見事な歯を持っているのか。理由は、毎日5回以上歯磨きをしていることに加え、デヴィ夫人の唾液が虫歯を作りにくい性質だからだという。

 さらに、番組では骨密度と筋肉量もチェック。そちらでも、骨密度は58歳くらい、筋肉量は30~40代との診断。唯一、血管は80歳以上と硬化が進んでいることがわかり「お酒の飲み過ぎには注意してください」とのアドバイスだった。

 デヴィ夫人の今後の目標は「105歳まで生きること」。孫のキランくん(11)に子どもが生まれ、ひ孫を含めた親子4代の写真を並べることを目指すのだという。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)