「オフィス北野」改め「オフィスたけし軍団」に…たけしが名称変更進言

2018年3月15日5時0分  スポーツ報知
  • フライデー襲撃事件から仕事復帰したたけし軍団のグレート義太夫、井出らっきょ、そのまんま東、松尾伴内ら(87年3月)

 たけしから軍団への置きみやげは「オフィスたけし軍団」という新名称になるようだ。たけしはオフィス北野に対し、名称変更を進言している。関係者によると、たけしは12日から1泊2日の日程でたけし軍団の面々とともに石川県内でテレビ番組のロケを行った。撮影を終えた12日夜には旅館で宴会を催し、メンバーそれぞれと懇談の時を持った。たけしは「お前ら、飲んどけ飲んどけ」と酒を勧め、普段以上に親身に振る舞い、笑いの絶えない時間を過ごしたという。

 一夜が明けた13日には、全員の前でのあいさつはなかったが、個々人に対し「オレはもう新しい会社に移るけど、お前らは今のまま残って頑張れ」とエールを送った。たけしの独立は、メンバー間では1か月ほど前からウワサになっていたという。

 軍団の中では現在、誰よりも慕うたけしを追って新事務所に移ることを望むメンバーと、たけしの希望だからこそ現事務所に残って頑張るべきと考えるメンバーとで二分されているという。13日の時点で正式に知らされたばかりだが、たけしの独立は4月に迫っているため、あまりに突然のことに戸惑っているメンバーも多い。

 軍団は、1970年代後半から80年代前半に爆発的人気を博したたけしに憧れ、入門を志願した若者らによって83年に結成された。ガダルカナル・タカ(61)やダンカン(59)らが元祖メンバー。たけしを「殿」と呼び、体を張った芸で人気を博し、現在に至る。

 軍団メンバーの今後の所属について、森社長は「基本的には残ると考えています」としながら「(寺島進らも所属する)俳優たちについては分からないです」と話している。

 一方、すでにオフィス北野から独立している者の中には「今後の身の振り方を相談したい」と合流に含みを持たせている者もいる。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)