ムロツヨシ、4歳で両親が離婚…波瀾万丈な人生送る父親に「楽しそうに生きているんだな」

2018年3月17日8時32分  スポーツ報知
  • ムロツヨシ

 俳優のムロツヨシ(42)が17日放送のTBS系「サワコの朝」(土曜・前7時30分)に出演し、父親への思いを明かした。

 「4歳の時に(両親が)離婚したんです。オヤジが親権というものを取ったらしいんですけど、すぐに他の所に行ってしまった」とムロ。5歳上の姉とともに親戚の家に預けられ、育ったという。両親が離婚する前の記憶は「薄いんですよね。でも、実の母とオヤジがけんかしている記憶はすごくあります。実の母の後ろ姿にトランクに服を詰めている記憶はあります。なんか残るんですね。強い記憶は。そういうのしか残ってないんですよね」と振り返った。その上で「実の母と会いたいという気持ちがないんですよね」とも話した。

 父と姉と3人で暮らした時間はないのだという。離婚してから「オヤジは新しい女性の元へ行ってますので」と明かし、その上で「そちらにも女性の子供がいらっしゃたんですよね。夏休みか冬休みにそちらの家に泊まりに行くっていう、すごいイベントがありました」と振り返った。父親が交際していた女性にも子供がおり、その子供とも仲良くなったという。ところが「オヤジがさっきと違う方と再婚したんですよ」。仲良くなった女性の子供とは「お別れ言ってないんですよ」と話し、今その人が「あの時のツヨシと今のツヨシは一致していないと思います。今の話聞いて、あれもしかしてって思っていると思いますけど」と笑わせていた。

 父親の再婚相手にも子供が2人いたという。波瀾万丈な子供時代だったが、父親のことは「ずっと嫌いじゃなかったんですよ。軽べつもしていないです。楽しそうに生きているんだな、この人は」と思いを打ち明け、「仕事が大工でこれがカッコ良かった」と振り返っていた。

芸能
注目トピック