吉岡里帆主演「きみが心に棲みついた」最終回は8・3% 2ケタ台ならず

2018年3月22日9時56分  スポーツ報知
  • 吉岡里帆

 20日に放送された女優・吉岡里帆(25)主演のTBS系ドラマ「きみが心に棲みついた」(火曜・後10時)の最終回の平均視聴率が8・3%だったことが22日、分かった。

 初回は9・4%でスタートし、第2話は8・5%、第3話は8・4%、第4、5話は7・0%、第6話は6・9%、第7話は6・5%、第8話は7・9%、第9話は7・0%と推移。最終回は前回から1・3ポイントアップしたものの、2ケタ台はならなかった。

 連ドラ初主演の吉岡は桐谷健太、向井理が演じる2人の男性の間で揺れ動く女性を演じる。漫画雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりんさんの作品が原作。ホラーの要素も入った一筋縄では行かないラブストーリーだ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ