小柳ルミ子、中居正広にサッカー観戦を趣味に薦める「絶対ハマる」

2018年3月22日13時57分  スポーツ報知
  • 小柳ルミ子

 歌手の小柳ルミ子(65)が21日放送の日本テレビ系「ナカイの窓」(水曜・後11時59分)にゲスト出演し、サッカーの魅力について語った。

 この日の企画は「趣味にハマりすぎ芸能人SP」。サッカー観戦が大好きという小柳は「仕事が有るときは1日5試合。無いときは1日10試合」見るほどのサッカーマニア。観戦スケジュールを自らノートにつけている。

 サッカーを好きになったきっかけを聞かれた小柳は「最初は(デイビット・)ベッカム。顔がいいのにうまい。その2年後に出てきた(リオネル・)メッシにどハマりした」と説明し、「どんなにうまくても人柄が伴わない選手は嫌い。メッシは世界一の選手」と語った。

 その上で「サッカーには人間性が出る。人間社会、対人関係、人生の縮図などを学ぶことができるし、それを分析して自分に落とし込んで勉強している」と熱い思いをはき出した。

 小柳のベストゲームは2017年3月に行われた、欧州CL決勝T1回戦バルセロナ対パリSGだという。

 バルサはパリSGのホームで行われた第1戦で0-5の大敗。準々決勝に進出するには、第2戦で5点差をひっくり返さないといけないが、絶望的なその点差を逆転した。

 「再放送32回見て32回泣いた」と小柳。「このメッシのゴールはどこから産まれたんだろう、誰が献身的にボールを運んだんだろう」と見るようになったという。

 MCの中居正広(45)が「誰が自分を犠牲にしてボールを進めたのかとか。そういうの俺も好き」と笑顔を見せると、小柳は「絶対、中居くんはサッカーにハマると思うのよ」と薦めていた。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)