藤井聡太六段V4なるか!?詰将棋解答選手権チャンピオン戦スタート

2018年3月25日11時48分  スポーツ報知
  • 詰将棋解答選手権チャンピオン戦で、真剣な表情で一問目に取り組む藤井聡太六段(左)。右は第7回大会で優勝した船江恒平六段

 詰将棋の解答の正確さ、速さを競う「第15回詰将棋解答選手権」のチャンピオン戦が25日午前、全国3会場でスタートした。史上最年少棋士・藤井聡太六段(15)は小学6年(当時二段)だった2015年から続く4連覇を狙い、出場した。

 選手権は初級戦、一般戦との3段階があり、チャンピオン戦は39手詰め以内の10問に挑む最高峰。100人以上がエントリーした。藤井六段は名古屋会場で参加。ラフな私服で会場入りし、開始直前まで詰将棋の本を手に、入念にウォーミングアップしていた。

 大会は各90分間の2ラウンド制(5問ずつ)で行われ、解答の点数が同じなら、解答タイムが早い方が勝るルール。藤井六段はチャンピオン戦参加5年目の15年に100点満点で最年少優勝して、プロ入り後の昨年にV3を果たしている。

 結果は夕方頃に発表される見込み。

将棋

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)