藤井六段、唯一100点満点V4…詰将棋選手権

2018年3月26日7時0分  スポーツ報知
  • 「第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦」で4連覇を達成した藤井聡太六段

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太六段(15)が25日、全国3会場で開催された「第15回詰将棋解答選手権 チャンピオン戦」に名古屋会場から出場し、大会史上初の4連覇を果たした。

 2011年に最高クラスのチャンピオン戦に初参加し、小学6年(当時二段)だった15年からのV4。「毎年楽しみで参加しているので、プレッシャーはなかった。来年もぜひ出たい」と5連覇を目指す意向だ。

 谷川浩司九段(55)らプロやアマの過去最多105人が参加。「最近、(詰将棋を)解くことがなく、今年は全く自信がなかった」というが、唯一、全問正解の100点をマークした。90分、5問ずつの2ラウンド制(計10問)で、前半戦は55分で解いて退席。後半戦は51分でクリアしたが、会場内に残って入念に確認する余裕もあった。満点は15年の初V以来、自身3年ぶりだった。

 対局での驚異の終盤力は、詰将棋の鍛錬に裏付けされているといわれる。「最近は上達法としてはやっていないですが、始めた頃はたくさん解いて、基礎になったかな」と話していた。

将棋

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)