小林茉里奈さん、AKBから女子アナ転身…きょう福岡放送入社式「精一杯頑張りたい」

2018年4月2日4時0分  スポーツ報知
  • アナウンサーの夢をかなえた小林茉里奈さん。12年のAKBじゃんけん大会でも、アナウンサー風の衣装で登場していた

 AKB48の元メンバーだった小林茉里奈さん(22)が、4月から日本テレビ系列の福岡放送(FBS)にアナウンサーとして入社することが1日、分かった。2日の入社式で晴れて社会人デビューする。

 人気アイドルとしての経験を糧に、夢への第一歩を踏み出す。小林さんは15年夏にAKBを卒業。卒業公演時にもスピーチでアナウンサーの夢を語っており、有言実行となった形だ。

 スポーツ報知の取材に小林さんはFBSを通じ「『アナウンサーになるためにAKB48を卒業します』と言ってから2年半たった今、福岡放送のアナウンサーとして夢のスタートラインに立つことができました。背中を押してくださったファンの皆さまにこうしてご報告できて、すごくうれしいです」とコメントを寄せた。

 小林さんは2010年にAKBの研究生オーディションに合格。11年のじゃんけん大会では研究生ながら4位に入る快進撃で「上からマリコ」の選抜メンバーに選ばれる強運ぶりで一躍知名度を上げた。アイドル活動と並行し、アナウンサーの夢をかなえるため都内の大学に進学。熾烈(しれつ)な就職戦争を勝ち抜き、見事福岡の地でサクラを咲かせた。

 FBSの担当者は「若い力で、FBSがさらに躍進するよう、新しいことに果敢にどんどんチャレンジしてほしい」と新入社員にエールを送る。小林さんも「まだ右も左もわからない状態ではありますが、福岡の皆さんに親しみを持っていただけるアナウンサーを目指して、精一杯頑張りたいと思っております! 温かく見守っていただけたらうれしいです」と人気アナへ成長を遂げることを誓った。

 ◆小林 茉里奈(こばやし・まりな)1996年2月24日、東京都生まれ。22歳。2010年3月、AKB48の10期生研究生オーディションに合格。12年に正規メンバーに昇格し、チームA、チーム4を歴任。15年8月にAKBを卒業。AKB時代の愛称は「まりんちゃん」。

芸能
注目トピック