「バドミントンガールズ」お披露目、声優・柳原可奈子らテーマソング披露

2018年4月1日23時54分  スポーツ報知
  • (左から)広瀬陽奈子役・山根綺、砂押歩恵夢役・中島優衣、名取茉莉愛役・前田佳織里、広瀬夏奈子役・柳原可奈子、鳴瀬瑠依紗役・和多田美咲、高城絵理華役・黒木ほの香、七北田和歌菜役・指出毬亜、雁戸深山役・小野友樹

 「DMM GAMES」による初のオリジナルプロジェクト「バドミントンガールズお披露目イベント~聖ラファエル学院 入学証書授与式~」が1日、秋葉原の「3331Arts Chiyoda」で開催された。

 会場は旧練成中学校である同施設の体育館。声優の柳原可奈子(広瀬夏奈子役)、前田佳織里(名取茉莉愛役)、黒木ほの香(高城絵理華役)、和多田美咲(鳴瀬瑠依紗役)、中島優衣(砂押歩恵夢役)の5人が聖ラファエル学院の制服に身を包んで登場。理事長・雁戸深山役でMCを務めた小野友樹から入学証書を手渡された。

 バドミントンガールズの舞台「聖ラファエル学院」は仙台市郊外にある共学校。しかし入学証書授与式の場で、今年度限りで廃校すると告げられた。驚き戸惑う新入生の5人。広瀬夏奈子役の柳原可奈子が「以前はスポーツ活動が盛んで特にバドミントンは金メダリストを輩出するほどの強豪校だったと聞いています。私たちがたくさん練習して栄光を取り戻してみせます!」と熱く語ると「私たちは本気です。もうすでにバドミントン部として活動してきました!」と発表。初顔合わせの場で「声優バドミントン部」結成を告げられ、練習した様子が上映された。

 その後アイドルユニットしても活動することが明らかに。テーマソング「Side × Side」を初披露し、授与式に出席したファンを盛り上げた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ