寺島しのぶ、悪女に「寂しい人だな」

2018年4月7日7時0分  スポーツ報知
  • 舞台「ヘッダ・ガブラー」で冷え切った夫婦を演じる寺島しのぶ、小日向文世

 女優・寺島しのぶ(45)が6日、東京・Bunkamuraシアターコクーンで主演舞台「ヘッダ・ガブラー」(栗山民也演出、7~30日)で会見。

 寺島は“将軍の娘”に生まれ育ち、恵まれているようで心が屈折した悪女役。「私が育った家(歌舞伎の名門、音羽屋)とも近いものがある。なぜ悪女になったのか考えながら演じたい」。人を困らせ、嫌がらせをする場面も多く「やればやるほど寂しい人だなと思う」と苦笑い。共演の段田安則(61)とのラブシーンもある。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ