知花くららと元乃木坂・深川麻衣が朗読劇…山本周五郎作品をベース

2018年4月13日11時0分  スポーツ報知
  • 朗読劇で共演する知花くらら(左)と深川麻衣

 モデルの知花くらら(36)と元乃木坂46で女優の深川麻衣(27)が朗読劇「栄二を愛した女~山本周五郎名作『さぶ』より」(6月16~17日、東京・六行会ホール)に出演することが13日、明らかになった。

 時代小説の名手・山本周五郎の没後50年にあたっての作品で、江戸時代に生きる青年・栄二とさぶの友情を描いた「さぶ」をベースに、作中に登場する女たちの物語にスポットを当てている。

 小料理屋で働くしっかり者の女性で、さぶが恋をするおのぶ役を演じる知花は「『さぶ』は憧れの作品でした。今回の朗読劇では、おのぶの人生を通して、許すということ、そして女性の強さを、観客の皆様とともに感じられたらと思います」と意欲。「人間味溢れる言葉で紡がれるこの美しい作品に携われることを、幸せに感じます」と語る。

 栄二が思いを寄せるおすえを演じる深川も「いつの時代も関係なく、生きていく上で大切にしていきたい心や想いがこの作品にはたくさん詰まっていて、今回おすえとして朗読劇に参加できることをとてもうれしく思います。会場に来て下さる皆さんと『さぶ』の世界へ飛び込んでいくことが今から楽しみです」と意気込んだ。

芸能
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ