草ナギ剛、弔辞で「もう1回漣さんとお芝居がしたい」と涙…大杉漣さんお別れ会

2018年4月14日14時40分  スポーツ報知
  • 大杉漣さんの写真が飾られた祭壇

 2月21日に急性心不全のため急死した俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名・大杉孝=おおすぎ・たかし)さん(享年66)のお別れ会「さらば!ゴンタクレ」が14日、東京・青山葬儀所で営まれ、元SMAPの草ナギ剛(43)が弔辞を読み上げた。

 400本近くの映画に出演し、ドラマでも巧みに様々な顔を見せた大杉さん。「僕の生きる道」など数々のドラマで共演した草ナギは遺影を見つめ、「漣さんお元気ですか? 残された僕らは時が止まって整理がつかず困ったものです」と語りかけ、「漣さんのような本当にいい人をこんなに早く天国に連れて行くなんて神様って本当にいるのかな」と声を詰まらせた。

 もう大杉さんと共演することができないが、「僕はやっぱりもう1回漣さんとお芝居がしたいです」と力を込めた。最後には「漣さんが連れて行ってくれた海にギターを持って一緒に歌いましょう。それまで待っていてください」と涙を流した。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)