ニノ、“オペ室の悪魔”手術シーン10時間…TBS系日曜劇場「ブラックペアン」

2018年4月17日6時0分  スポーツ報知
  • 劇中衣装で試写会に登場した(左から)小泉孝太郎、加藤浩次、葵わかな、二宮和也、竹内涼真、加藤綾子アナ、内野聖陽

 嵐の二宮和也(34)が16日、都内で行われたTBS系日曜劇場「ブラックペアン」(22日スタート、後9時)の完成披露試写会に出席した。手術成功率100%の天才外科医で、傲慢な言動から“オペ室の悪魔”と呼ばれるダークヒーローを演じる。会場後方でファンの反応を楽しみながら、この日朝に編集が仕上がったという第1話を見守り「面白そうなドラマが出来上がった」と胸を張った。

 ドラマは「チーム・バチスタの栄光」などの海堂尊氏の小説が原作。二宮は初の外科医役となる。10時間がかりで1つの手術シーンを撮影することもあったというが、実際の放送時間は5分程度。仕上がりには満足する一方で「(撮影は)本当につらい。我々からしたら見るのが難しいドラマ」と苦笑いした。

 先日、女性誌で報じられたフリーアナウンサー・伊藤綾子(37)とのドライブデートに関する質問には無言だった。

ジャニーズ
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)