檀れい、宝塚音楽学校新入生たちへエール「お客様に楽しんでもらえる表現を」

2018年4月17日17時0分  スポーツ報知
  • 舞台衣装コンテスト公開最終審査に登場した(左から)高橋惠子、檀れい

 檀れい(46)が17日、都内で主演舞台「仮縫」(5月6~28日、東京・明治座)の舞台衣装コンテスト公開最終審査に高橋惠子(63)と出席した。

 この日は、宝塚音楽学校の入学式。元月組・星組娘役トップの檀は「私はあそこ(宝塚)に入って良かったと思うことばかり。朝早くから学校のお掃除をしてチリが一つもないくらいで、物事に対する姿勢にはびっくりしました」と感慨深げ。未来のタカラジェンヌたちへ「宝塚は狭き門。入ったからにはしっかり勉強して舞台の上でお客様に楽しんでもらえる表現ができるタカラジェンヌになってください」と熱いエールを送った。

 同作は有吉佐和子氏の同名小説が原作。ファッション業界を舞台に女たちの愛憎劇が繰り広げられる。花道をランウェーとしたファッションショーは見所の一つ。この日は劇中のファッションショーでモデルが着用する衣装をモデルのタマゴである学生たちから公募し、最終審査を行った。檀は「初めての試みだと思います。びっくりしましたし、デザイナーのタマゴにはいい刺激になるのでは」と期待を寄せた。

 グランプリに選ばれた学生は受賞を知らされると涙。賞状を渡した檀も「目にいっぱい笑顔をためて、笑顔がはじけていて、こちらも涙が出そうになりました」とねぎらった。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ