ウルトラマン新シリーズは史上初の兄弟同時変身 テレ東「ウルトラマンR/B」7・7スタート

2018年4月25日5時40分  スポーツ報知
  • ウルトラマンR/Bに出演する平田雄也(右)、小池亮介
  • ウルトラマンロッソ(右)とウルトラマンブル

 俳優の平田雄也(24)、小池亮介(22)がウルトラマンの最新シリーズ「ウルトラマンR/B(ルーブ)」(テレビ東京系7月7日スタート、土曜・前9時)に主演することが24日、分かった。シリーズ史上初めて、兄弟がそれぞれウルトラマンに変身する。

 アパレル店員の熱血漢・湊カツミ(平田)、自由奔放な大学生・湊イサミ(小池)の兄弟が、ある日変身アイテムのルーブジャイロとルーブクリスタルを手に入れ、兄は火のエレメントを宿したウルトラマンロッソに、弟は水のエレメントを宿したウルトラマンブルに変身。兄弟が時にぶつかりあいながらも強大な敵に立ち向かう。2人ならではのコンビ技も見どころだ。

 平田は2013年の「ミスター中央大学」に輝いたイケメン。現在、日テレ系「ZIP!」(月~金曜・前5時50分)にレギュラー出演中だ。一方、小池も2010年、14歳の時にミュージカル「エア・ギア」でデビュー後、舞台を中心に活躍する若手の実力派だ。3月10日にクランクインし、現在も奮闘している。

 2人はスポーツ報知の独占取材に応じ「ウルトラマンR/B」に出演する喜びを語った。

 ―「ウルトラマンR/B」の出演が決まった時の率直な感想は?

 平田(以下平)「歴史が長い、誰もが知っているウルトラマンに自分がなるのかと。最初は実感がわかなかったけど、ものすごくうれしかったです。歴史がある番組ですし、平成最後のウルトラマンになると思うので、しっかり役を全うしないとなと思います」

 小池(以下小)「すごいうれしかったです。小さい時にウルトラマンをメチャメチャ見てたんで。やったーって喜びが爆発しましたけど、今は責任というか、ちゃんと務めないといけないという気持ちです」

 ―3月10日にクランクインしたそうですが、撮影で苦労する点は?

 平「自分が体長50メートルのウルトラマンになっていると伝わるように演じないといけないのですが、想像よりも(実際に敵などが)見えない状況での芝居が多くて。経験したことのないことが多いですね」

 小「子どもたちに夢を与える、というか格好良くなくちゃいけないと思ってます。設定は19歳なので少年と大人の間。責任感を感じるような子じゃないけど、いざウルトラマンになったら見えを切らないといけない、というのが難しいです」

 ―それぞれの役どころを教えて下さい。

 平「僕が演じるカツミは真面目で、真っすぐに自分のことも家族のことも考えている性格です。理論立てて考えられる人間ですが、そうはいいつつ熱血漢な部分もあって、野球をしている時は周りが見えなくなるぐらい、のめり込んでます。お父さんが経営しているアパレル店の店員ですが、店の服をいつも来ているのでファッションにも注目です」

 小「イサミは自由奔放。我が道を行く感じですね。宇宙考古学者の大学生。なので全然お店の手伝いはせず、自分の研究ばかりしています。興味がないことには干渉しない、不器用な性格ですね。感謝の言葉とか、自分の気持ちを素直に出せないんです。兄弟の仲はいいんですけど、ベタベタする付き合いではないですね」

 ―シリーズ史上初めて、兄弟それぞれが変身することにはどう感じていますか?

 平「新鮮だなと思います。独りで倒すイメージが強かったんですが2人だと色んなやりようがある。コンビ技もありますよ。ルーブクリスタルの属性を生かすのが大事になってきます」

 思い入れのある歴代のウルトラマンは?

 小「一番大好きなのはティガですね」

 ―ウルトラマンロッソ、ウルトラマンブル、それぞれビジュアルを見た時の感想を教えて下さい。

 平「格好いい! スタイリッシュですね。細かい部分も進化してるんだなと思えるフォルムをしてますね」

 小「理由は分からないけど、完成されてない感じが出ていると思います。ロッソもブルも両方、何かが足りない感じがする。いずれ合体するかも知れませんよ(笑)」

 ―読者、視聴者の方に意気込みを

 平「シンプルに新しいウルトラマンだと思います。新しいウルトラマンの形にたどり着けるのではないかと思って頑張ってる僕たちの姿をみていただきたいです。とにかく頑張ります!」

 小「普通の兄弟がひょんんなことからウルトラマンになるので、等身大に演じられると思います。何気ない日常も描いているので、視聴者の皆さんも同じ目線で見られると思います。最初はごく普通の男が、けんかしたり紆余(うよ)曲折して成長する姿を見守って欲しいですね」

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ