国分太一、生放送で涙の謝罪「山口の行為は絶対に許されない」

2018年4月26日8時2分  スポーツ報知

 アイドルグループ・TOKIOの国分太一(43)がMCを務める26日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)に生出演し、番組冒頭でメンバーの山口達也(46)が、今年2月に自宅マンションで女子高生に無理やりキスをするなどしたとして、強制わいせつ容疑で警視庁から書類送検されていたことについて「番組冒頭ではございますが、同じメンバーでもあります、山口達也が強制わいせつ容疑で大変ご迷惑をおかけいたしました。深くお詫び申し上げます」と涙を浮かべて謝罪した。

 黒のスーツ、ネクタイ姿の国分は「そして何より被害に遭われた女性にメンバーとして謝罪させていただきます。本当に申し訳ありませんでした」と再び頭を下げた。「正直、自分の頭の中も整理がつかない状況ではありますが、山口が起こしてしまったことは、絶対に許される行為ではありません。20年以上、一緒にいるメンバーがこんなことを起こしてしまった驚き、悲しみ、悔しい思い、いろんな感情がわき出てきます。何よりも山口を信じ、ずっと追い続けてくれましたファンのみなさん、本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 「そして、山口を信じ、ずっと一緒に仕事をしてくれた皆さん、悲しい思い、落胆する思い、たくさんの感情を作ってしまい、本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げて約2分間に渡り、謝罪を繰り返した。

 国分は、メンバーの不祥事に合計4度、頭を下げ謝罪した。所属のジャニーズ事務所は事実を認めた上で「被害者の方には誠心誠意謝罪し、和解させていただきました」とコメントを発表している。

芸能
注目トピック