元照明技師の声優・藤井ゆきよ、“鬼太郎のバトン”全力で走って次代につなぐ

2018年4月27日10時0分  スポーツ報知
  • 目玉おやじのぬいぐるみを手にほほ笑む藤井ゆきよ(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 人気アニメシリーズ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほかにて毎週日曜あさ9時好評放送中)が、1日にスタート。今作オリジナルキャラクターの人間の女の子「犬山まな」役の藤井ゆきよが、単独インタビューで国民的作品に臨む熱い思いを語った。

 「ゲゲゲの鬼太郎という作品は、どんどんバトンをつないでるって思うんです」。第1作が放送されたのは1968年。今年で50周年を迎えた。第2期(71年開始)、第3期(85年)、第4期(96年)、第5期(07年)と、ほぼ10年ごとに制作されてきた。「50年間、熱を持って作り続けてバトンをつないできた方たちがいた上での第6期。今はバトンをもらっている最中なので、またみんなで全力疾走して、7期、8期と続いていけるようなエネルギーを渡せるように頑張っていきたいです」と力を込めた。

 東京・調布市の布田天神社で出演キャストが初めて顔をそろえヒット祈願を行い、水木しげるさんの原作で鬼太郎が住んでいるとしている同神社裏の林に特別に入らせてもらう貴重な経験をした。その後、関係者が一堂に会したキックオフ会でのこと。「キャストも関係者の方もそれぞれスピーチをしたんです。会の終盤に水木しげる記念館の館長さんが目を真っ赤に腫らしていて…。『どうしたんですか?』とハンカチを渡したら『今こんなに鬼太郎を愛して、水木先生のことを思ってくれている人たちがいる、この空間が本当に幸せで。水木先生が亡くなった今も、こんなに水木先生のことを思ってくれているのがうれしい』と男泣きをされていて…。私は6期のまなちゃんという限られた時間の中でしか関われないかもしれないですけど、これだけの思いを持って長年支えてくれている関係者の方たちがいるんだと思ったら、私もちゃんと覚悟を持ってそれをつなげて行かなくちゃと思ったんです」

 第1作で鬼太郎を演じた野沢雅子が、目玉おやじを演じていることでも話題の今作。藤井が尊敬してやまない野沢だけでなく、古川登志夫(ねずみ男)、田中真弓(砂かけばばあ)、島田敏(子泣きじじい・ぬりかべ)、山口勝平(一反もめん)といったレジェンドがズラリのアフレコ現場は「ゲストさんも含めて声優界の宝石箱なんじゃないか」とか。そんな藤井が当初志していた職業は、裏方の照明技師だった。

 中学時代から演劇部。「一生舞台に関わる仕事がしたい。経済面でも家族を支えたい」という理由で照明技師の道を選んだ。専門学校で学んで資格を取り、照明会社に入社。「(裏方として)同世代の子たちが思い切ってお芝居を頑張っている姿を見たら、自分がこのまま一番やりたかったことを臆病な気持ちで諦めてしまうことが怖くなってしまって」。退職して役者を目指すことを決断した。

 芸能事務所に入って活動していたところ、マネジャーの勧めで声優にも挑戦。プリキュアに出演した縁で舞台を見に行くと、ちびっ子たちから送られるプリキュアへのまっすぐな声に「私はこの子たちに向けて作品に関わっていたんだ」と心を打たれた。「『声優一本でやっていきたいんです』とお話をしたら『だったら声優の事務所に行ったほうがきっと藤井のやりたい仕事はたくさんできるから』と背中を押されました。だから前の事務所の人たちには感謝しかないです。そのマネジャーさんと出会わなかったら、声優さんってこんなに良い仕事なんだってことも気づかなかったですね」

 「ルパン三世」「セーラームーン」「魔方陣グルグル」に次いで「鬼太郎」と、人気作の続編への出演が続く。「それぞれの作品で、たくさん応援してくれる人たちがいるから、どうにか応えたいという気持ちが、逆に萎縮してしまう方向に働いてしまう経験もありました。鬼太郎では何も考えずにとりあえず体当たりしようと。今の精いっぱいを頑張ってぶつけようとしています」

 藤井が演じる「犬山まな」は「仲良くなったらどんどん知りたい、好奇心旺盛」な女の子。妖怪の強さや怖さを、リアクションで表現するという、隠れた重要な役割を持つ。「妖怪は自ら『俺ってこんなに強くてさ』って言わないじゃないですか。それを受けた人間側のリアクションで、妖怪のすごさが伝わりますから、とても大事なリアクションを求められているんです。シーンごとに妖怪も出会い方も違うので、悲鳴一つにしても、もっと良い表現方法ってないのかな、全部同じになったらいやだな、って。そこがまなで一番難しいところだなって思います。“リアクション王”になれたらいいですね。どうにかたくさんの引き出しが持てたらな、って模索している最中です」。聞き流してしまいがちな一つの悲鳴にスポットを当てて見てみると、また新たな発見がありそうだ。

 ◆藤井ゆきよ(ふじい・ゆきよ) 5月8日生まれ。主な出演作に「美少女戦士セーラームーンCrystal」(土萌ほたる/セーラーサターン)、「ルパン三世」(レベッカ・ロッセリーニ)、「サカサマのパテマ」(パテマ)ほか。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ