山口達也、謹慎半年超えか ジャニーズ異例の長期厳罰も

2018年4月27日6時0分  スポーツ報知
  • 会見終了後、頭を下げながら退出した山口

 ジャニーズ事務所は山口達也(46)に「無期限謹慎」という重い処分を下した。同事務所は過去にも何度か不祥事を起こしたタレントを処分したことがあるが、無期限謹慎は異例。同事務所で、未成年女性に対するわいせつ事件が明るみに出たのは、2000年まで遡っても今回が初めて。若い女性から圧倒的な支持を集める事務所だけに「自粛」ではなく「謹慎」、そして「無期限」の厳罰とした。

 山口は11年にも、運転免許証が失効した状態で運転していたとして道路交通法違反の疑いで書類送検。その際はCM放送自粛などの影響はあったものの、不起訴処分で活動を自粛することはなかったが、今回の見通しは厳しい。

 芸能界では昨年、深夜に少女を連れ回したとして大阪の条例違反の疑いで書類送検(不起訴)され、事件から約1年たっても復帰のメドがたっていない俳優もいる。過去に山口の出演番組に携わった関係者は「前例を見ても、この種の不祥事は復帰に時間がかかる。特に、彼らが活躍する番組は親子視聴者が多いので、すぐに復帰するのは難しいのではないか」とした。

 ジャニーズでは過去、活動自粛となったタレントが復帰する場合、期間は半年に満たない数か月程度。また、無期限謹慎処分が下された例は未成年タレントの喫煙、飲酒などがある。いずれも1年以上の謹慎の後にグループ脱退や事務所を退社することになった。山口の場合、そこまで展開することは考えにくいが、やはり早期復帰は難しい。半年間を超える長期間に及ぶと見られる。

 ◆処分意見は最も重い「厳重処分」

 山口の書類送検で、警察が付記する「処分意見」が、4種類ある中で最も重い「厳重処分」だったことが26日、分かった。強制わいせつ容疑は厳重処分とされることが一般的。また、今回の書類送検の際に被害者との示談が成立していたかどうかは明らかにされていない。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)