山口達也の契約を解除…ジャニーズ事務所社長とTOKIO城島リーダーが協議し辞表受理

2018年5月6日20時30分  スポーツ報知
  • ジャニーズ事務所の発表FAX1
  • ジャニーズ事務所の発表FAX
  • TOKIO4人のコメントFAX

 ジャニーズ事務所は6日、山口達也(46)からの辞表を受理し契約を解除したと明らかにした。

 「当事務所所属、山口達也に関する契約解除のお知らせ」とのFAXで「5月2日のTOKIOの4人のメンバーの会見において本人からの辞意表明があった旨の説明がございましたが、重ねて6日本日、本人からも直接、弊社に対し強い意志表明がございました。それを踏まえ本日、弊社社長とTOKIOリーダー城島茂との協議が行われ、この申し出を受理する判断に至りましたことをご報告申し上げます。これにより弊社は、山口達也との契約を解除することとなりますが、事件の社会的な影響や、現在、山口の置かれている状況等を鑑み、彼を育ててきた立場として、社会に責任を果たすために必要な支援を今後も積極的かつ継続的に行って参る所存でございます」と説明した。

 山口の今後については「彼が健やかな一人の人間としての精神と振舞いを取り戻し、被害者の方の許しを十分に得た上で、どのような形であれ未来を描けるまでを具体的に支援することが弊社の責任と考えます」と説明。また、TOKIOのグループについては「会見でも言及した通り『4人のTOKIOが必要とされるのか」という命題を背負い、茨の道を歩むことになります」と存続とも解散とも明言されていない。

 TOKIOのメンバーは4人連名でコメントを発表した。以下全文。

 誰のために何をすべきか、それだけを考え続けた日々でした。

 僕らメンバー、一人一人の今の気持ちを表現するには言葉だけでは足りませんし、何より、これ以上言葉で語るべきものではないと思います。

 自分たちに変えられるものがあるとすれば、それは明日であり、目の前にあることからです。

 今一度TOKIOとして原点に戻り、それぞれが己と向き合い、誰のために、いったい何をするべきなのかをしっかりと考え、前を向いていきたいと思います。 

 TOKIO 城島茂 国分太一、松岡昌宏、長瀬智也

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ