「Rの法則」出演者事務所HPに中傷コメント殺到

2018年5月8日7時0分  スポーツ報知
  • 山口が出演するテレビ番組など

 未成年への強制わいせつ容疑で書類送検(起訴猶予処分)されたことを受け、6日付でジャニーズ事務所から契約を解除され、TOKIOを脱退した山口達也(46)について一夜明けた7日、テレビ各局およびスポンサー企業などは対応に追われた。山口が司会を務めていたNHK・Eテレの「Rの法則」(月~木曜・後6時55分)はこの日付で終了。またメンバーの国分太一(43)はMCを務めるTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で、山口から「TOKIOを守ってくれ」と電話を受けたことを明かした。

 「Rの法則」は終了したが、事件の余波は広がっている。番組出演者を抱える事務所関係者によると、タレントのSNSや大型掲示板サイトなどに、事件の被害者と決めつけるような書き込みや誹謗(ひぼう)中傷するコメントが殺到しているという。「事務所の公式ホームページなどでも事件とは無関係と呼びかけているのに、一向に収まる気配がない」と切実に訴えた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ