ジェロ、無期限活動休止を発表 IT企業に就職

2018年5月12日11時14分  スポーツ報知
  • ジェロ

 “演歌界の黒船”こと人気外国人演歌歌手・ジェロ(36)が12日にブログを更新し、歌手活動を無期限活動休止することを明かした。

 ジェロはブログで「僕はこの手紙をもって、歌手の活動を休止することを報告させていただきます」と発表。「突然のことに驚かれると思います。2月20日にデビュー10周年を迎え、節目のコンサートも行えたことは、皆様の多大な後押しがあってのことであり感謝にたえません。皆様一人一人の顔が思い出され、僕にとっては苦悩の結論となりました」と胸の内を明かした。

 ジェロは「史上初の黒人演歌歌手」として、2008年にシングル「海雪」でデビュー。その年の第50回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞した。今年2月にデビュー10周年記念「感謝感激」を開催していた。

 今後は外資系IT企業に就職してコンピュータ関連の仕事に就くという。「もちろん歌に対する熱が冷めたわけではありません」とブログにつづったジェロ。「実は2年前から改めてコンピューターの勉強をする機会に恵まれ、ボストン大学の大学院をこの春に卒業しました。そしてこのチャンスを逃すことなく、再度コンピューターの仕事に就くことにいたしました」と明かした。ジェロはデビューする前に、米ピッツバーグ大で情報科学を専攻。来日後は、大阪でコンピューター技術者の仕事に就いていた。

 「最初は歌も同時に続けていけるだろうか?という考えもよぎりましたが、どちらも中途半端になりたくはありません。皆様に対しても、尊敬する諸先輩や歌手の方々に対しても失礼になってしまうからです」と続け、「けれど僕の演歌への情熱は少しも色あせていないし、これからも変わることがないと信じています。今はまだいつとは言えませんが、もう一度歌手として夢を追いたいと思うかも知れません。それまでインターネットで演歌をたくさんの人達に伝えていくことも研究しながら。いつでも皆様のご健康とお幸せを願っています。心よりのお詫びと、感謝を込めて。ジェロ」と結んだ。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)