Chage「ふたりの愛ランド」アレンジ版の歌唱を予告

2018年5月15日18時13分  スポーツ報知
  • 「『IMPERIAL JAZZ 2018』-シネマ・ジャズ それは、かつてないジャズの愉しみ方。-」の会見に出席したChage

 歌手のChage(60)が15日、都内で行われた「IMPERIAL JAZZ 2018」(8月14、15日、東京・帝国ホテル)の記者会見に出席した。

 04年に始まり、15回目の今年は「シネマ・ジャズ それは、かつてないジャズの愉しみ方。」をテーマに、映画音楽を中心にしたプログラムを届けていく。

 初参加のChageは「還暦を迎えて、60歳で新たな扉を開けられるのは楽しみ」と笑顔。「レジェンドの方々のステキな音楽に包まれ、シンガーとして楽しんでいきたい」と意気込んだ。

 どのような曲を歌うかには「『夏』を連呼する曲がありますので」と、石川優子(59)とのデュエット曲「ふたりの愛ランド」のアレンジ版を歌うことを予告。「CHAGE and ASKA」のASKA(60)についての質問が飛ぶと、「ソロで来ているもので、2人関係の質問はちょっと…。すいません」と丁寧に対応していた。

 八代亜紀(67)も初参加を予定。大阪では8月12日に帝国ホテル大阪で開かれる。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)