手越祐也、2大会連続日テレ系W杯メインキャスター…テーマ曲はNEWS 

2018年5月17日5時0分  スポーツ報知
  • W杯サッカーロシア大会の日テレメインキャスターを務める手越祐也

 6月14日に開幕するサッカー・ロシアW杯の日本テレビ系中継のメインキャスターを、人気アイドルグループ「NEWS」の手越祐也(30)が務めることが16日、分かった。

 手越が同局系のW杯メインキャスターを務めるのは2014年のブラジル大会に続き2大会連続。「サッカー小僧の僕にとって、前回のブラジル大会に続いて今回のロシア大会もメインキャスターという大役を務めさせていただくことになり、とても光栄」と気を引き締める。

 現地に取材に行く計画もあり、ロシアの熱狂ぶりも手越自身の言葉でリポートする予定。「(W杯は)4年に一度、世界中が熱くなるお祭りです。世界のスーパースターたちの超絶プレーに酔いしれるのもよし、イケメン選手を見つけて楽しむもよし、自分も楽しみながら、このFIFAワールドカップというお祭りの熱を皆さまにお届けしたいと思います!」と意気込んだ。

 日テレでは、日本代表の2戦目となるセネガル戦を6月24日午後10時から放送予定。1次リーグ突破の鍵を握る大一番だが、手越は「サポーターの声援というのが、選手の一番の力となります。ロシア大会に挑む日本代表の選手たちに、ぜひ皆さまのパワーを送っていただけるとうれしいです」。さらに同局系中継のテーマソングはNEWSの「BLUE」が起用されることも決定。代表のイメージカラーをモチーフにしたナンバーといい、楽曲でも代表メンバーの背中を押すことになりそうだ。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)