小倉智昭氏、ホリプロと松居一代の和解「まだやっていたのか…頭の片隅に何も残っていなかった」

2018年5月17日8時25分  スポーツ報知
  • 小倉智昭氏

 17日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で俳優の船越英一郎(57)の所属事務所「ホリプロ」が、船越の元妻でタレントの松居一代(60)に対し起こしていた訴訟について和解が成立したことを報じた。

 船越は昨年7月、松居との離婚調停を申し立て(同12月に成立)。これに対し松居が、YouTubeやブログで名誉を毀損(きそん)するような言動を繰り返していたことから、同社は民事で300万円の金銭の支払いを求める裁判を起こしていた。和解条項では、松居が一連の行為について遺憾の意を表すること、および今後名誉や営業権を侵害する行為を行わないことを確認したといい、目的を達したことから金銭の支払いは求めないとした。

 こうした事態に小倉智昭キャスター(70)は「去年、あれだけ大きく番組で取り上げていたのに、頭の片隅に何も残っていなかった。急にこの話が出てきて、あっまだやっていたのかと思いましたよ」と話していた。

芸能
注目トピック