西城秀樹さん死去に芸能界から追悼の声続々…藤原紀香「とても悲しい」山田邦子「私の青春」

2018年5月17日13時44分  スポーツ報知
  • 西城秀樹さん

 歌手の西城秀樹さん(さいじょう・ひでき、本名=木本龍雄、きもと・たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のため死去したことを受け、女優の藤原紀香(46)が17日、自身のブログで「いまとても悲しいです」とつづるなど、有名人から続々と悲しみと驚きの声が上がった。

 紀香は「いま、西城秀樹さんが亡くなられたというニュースを聞きました 2011年に共演した時のたくさんの思い出が、心に蘇り、、、いまとても悲しいです」と吐露。「またあらためて書かせてください」とショックの大きさをうかがわせた。

 タレントの山田邦子(57)もブログで「秀樹は私の青春でした 歌が上手くてかっこ良くて大好きでした」とし、「大きな病気と闘いながらもがんばってらしたので訃報が信じられません 悲しいです もう一度会いたいです たくさんお礼も言いたいし謝りたいこともある 歌が聴きたいです」と悲しんだ。

 川崎麻世(55)はツイッターで「俺が13時の時に番組で秀樹さんのモノマネをしてジャニーズにスカウトされ芸能界入りした」と明かし、「初めて帝国劇場で秀樹さんに会い感動のあまりサインをして頂いたら、ジャニーさんに同業者にサインを求めてはだめだと叱られた。秀樹さん、ご冥福をお祈り致します」と悼んだ。

 ラサール石井(62)は「まさに同年代、同い年の人が亡くなるのは、勘三郎さん以来か。やはりショックですね。球場コンサートでバイクのアクロバットや物凄い高いフライングを見せていた。あんな事は後にも先にも誰も出来ないだろう。合掌」とツイッターで思いをはせた。

芸能
注目トピック