指原プロデュース「=LOVE」禁断の愛歌う…山本杏奈「ディープで驚いた」

2018年5月19日6時0分  スポーツ報知
  • 報知新聞社を訪れた「=LOVE」の(左から)音嶋莉沙、佐竹のん乃、佐々木舞香、瀧脇笙古、大場花菜、高松瞳、大谷映美里、山本杏奈

  HKT48の指原莉乃(25)がプロデュースする声優アイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」が18日、港区港南の報知新聞社を訪れ16日リリースの新曲「手遅れcaution」をPRした。

 前2作と同様、指原が作詞。女子生徒同士、先生と生徒など“禁断の愛”を歌う。リーダーの山本杏奈(20)も「最初聴いた時、ディープで驚いた」と目を丸くした。

 昨年1月の結成から1年以上が経過。目標は「今年中に単独ライブを行う」と山本。場所は今年、指原が初の単独コンサートを行った「TOKYO DOME CITY HALL」だ。メンバーの佐々木舞香(18)は「いつかは隣にある東京ドーム公演がしたいです」と夢見ていた。

芸能
注目トピック