日テレ幹部、映画「名探偵コナン」大ヒットに「過去最高の興収80億円を達成できればありがたい」

2018年5月28日14時16分  スポーツ報知
  • 映画「名探偵コナン ゼロの執行人」公開記念の舞台あいさつでポーズを取る出演者たち

 日本テレビの大久保好男社長(67)の定例会見が28日、東京・汐留の同局で行われた。

 同席した中山良夫事業局長は4月13日に公開された同社出資の映画「名探偵コナン ゼロの執行人」について、「公開45日間で興行収入75億7000万円を記録しました。(シリーズ)過去最高の興収で何回も足を運んで下さるファンが多く、高いリピート率を誇っています」と笑顔で報告した。その上で「80億円を達成できれば大変ありがたいと思います」と続けた。

 同作はすでに昨年、シリーズ最高収入の68億9000万円を記録した前作「名探偵コナン から紅の恋歌」を上回っている。

芸能
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ