柴咲コウがアーティスト名「MuseK」で全世界デビュー

2018年5月30日21時46分  スポーツ報知
  • 新曲を披露した柴咲コウ

 女優・歌手の柴咲コウ(36)が30日、東京・六本木のファッションセレクトショップ「バーニーズ・ニューヨーク六本木店」でサプライズライブを行い、全世界デビューを発表した。

 柴咲は同日、世界最大級の音楽配信サービス「SPOTIFY」などに海外向けのアーティスト名「MuseK(ミュゼック)」として全編英語詞のミディアムバラード「Blessing」をリリースした。

 「MuseK」は「音楽」の意味とイニシャル「K」を組み合わせた自らの造語で、15年前から温めてきた言葉。自ら作詞した「Blessing」を、駆け付けたファンの前で伸びやかに披露した。

 今年は芸能生活20周年の節目。昨年主演したNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が海外でも放送され、支持されたことが海外進出に向かう契機となったと明かし「(自らの作品を)海外の方にも見てほしい、聴いてほしいと思うようになりました。今後も柴咲コウとして歌い続けますが、柴咲コウ同様にMuseKを今後もよろしくお願いします」と笑顔で語り掛けた。

 一昨年11月にライフスタイル提案会社「レトロワグラース」を設立し、代表取締役に就任。活動の幅、活躍の舞台を広げている。

芸能
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ