AKB48福岡が始球式「目標も飛距離も16」6・16ナゴヤD総選挙PR

2018年6月5日18時44分  スポーツ報知
  • 始球式を行うAKB48の福岡聖菜(左)とサポート役の込山榛香

 ◆日本生命セ・パ交流戦 中日―ロッテ(5日・ナゴヤドーム)

 16日にナゴヤドーム(名古屋市東区)で開催される「第10回AKB48世界選抜総選挙」の開票イベントを11日後に控え、中間発表で15位だったAKB48・福岡聖菜(17)が同ドームで始球式を務めた。

 同74位のAKB48・込山榛香(19)をサポート役に従え、24日のDeNA戦(ナゴヤドーム)で女性ファンに配布される「ドラ恋ガールズユニホーム」姿でマウンドに向かった福岡。ノーワインドアップからの投球は3バウンドして捕手・松井雅のミットに収まった。「一瞬で終わりました。ヒュンって。緊張を感じる前に終わっちゃいました」と人生初の大役を振り返った。

 ちょうど、この日がデビュー5周年の記念日。目標を「(53rdシングル)選抜メンバー入りの16位」に定めている福岡は、「飛距離も16メートルくらいかな」と笑った。「もともと何もできないところから始まって、AKBとともに成長した。選抜総選挙を前に、同じステージに立てるとは夢にも思わなかった」と感無量の表情を見せていた。

芸能
注目トピック