TOKIO松岡昌宏主演「家政夫のミタゾノ」最終回は5・7%

2018年6月11日10時42分  スポーツ報知
  • 「家政夫のミタゾノ」出演の剛力彩芽

 8日に放送された「TOKIO」松岡昌宏(41)主演のテレビ朝日系ドラマ「家政夫のミタゾノ」(金曜・後11時15分)の最終回の平均視聴率が5・7%だったことが11日、分かった。

 初回は7・2%でスタート。第2回も横ばいの数字となり、第3話は6・3%、第4話は7・5%、第5話は6・3%、第6話は今シリーズ最高の8・1%、第7話は6・7%と推移。今回は1ポイントダウンした。

 同作は16年に放送され、人気を呼んだ松岡主演ドラマの1年半ぶりの第2弾。派遣された家庭をのぞき見てはぶち壊すダークヒーロー・三田園を松岡が再び演じた。

 TOKIO・城島茂(47)が新人女性歌手にふんした島茂子が歌う主題歌「戯言(ざれごと)」も話題となった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能
注目トピック