ひょっこりはん、別のBGMで登場し謝罪

2018年6月13日14時19分  スポーツ報知
  • 一連の騒動を謝罪したひょこりはん(右はとろサーモン・久保田かずのぶ)

 お笑い芸人・ひょっこりはん(31)が13日、都内で「よしもとオススメ芸人2018お披露目会」に出席した。ネタのBGMに著作権問題が浮上して以来、初めて報道陣の前に姿を現し「お騒がせしてすみませんでした」と謝罪した。

 この日は別のBGMに乗って登場。おかっぱ頭に丸メガネ、青のスパッツ姿でキレのある動きを見せながら、時々顔をひょっこり。芸は健在だった。

 先月、ひょっこりはんがネタ中に使用していたBGM「sonorously box」が、音楽のフリー素材を扱うサイト「MusMus」から「著作権表記をしていない」と抗議を受ける騒動に。今月3日に同サイトで問題が決着したと報告されていた。

 この日、ひょっこりはんは自身の口で「ご迷惑をおかけしてすみませんでした」と謝罪。「今、吉本が先方との話し合いで問題は解決に進んでおります」と現状報告した。今後は「新しいBGMを作って頑張っていこうと思います」と、どこにも隠れることなく一礼した。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)