東国原英夫氏、森田童子さんのコンサートに「行きました。超有名でしたから」

2018年6月13日15時57分  スポーツ報知
  • 東国原英夫氏

 13日放送のTBS系「ゴゴスマ~GOGO!Smile!」(月~金曜・後1時55分)では、4月24日に心不全で亡くなった元シンガーソングライター・森田童子さん(享年66)を特集した。

 コメンテーターの元宮崎県知事・東国原英夫氏(60)は「僕はコンサート行きました。超有名でしたから。あの頃はみんな行っていますよ。吉田拓郎さんとか井上陽水さんとかも行った」という。 「僕は昭和51年に高校卒業して大学に入った。(森田さんは)昭和50年デビューでフォーク全盛時代でしたから」と振り返った。

 森田さんの印象を「暗い、重たい感じでした」と東国原氏。「思想だとか哲学だとか、フォークというのはメッセージ性のある歌ですから」と解説した。

 さらに「フォークソングはすごくいい歌詞、すごくいい歌が多かった」と語った。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)