ふかわりょう、5時夢を立ちトークで?「予算1500円でセット改良を」

2018年6月13日17時46分  スポーツ報知
  • ふかわりょう

 タレントのふかわりょう(43)が13日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)にMCとして生出演。同番組を「立ちながらトークを進めるのはどうか」と提案した。

 番組では「日本人は座りすぎ」というテーマを取り扱った。世界の主要20か国との比較で「日本人の座位時間が最も長い」という調査結果があるという。

 コメンテーターのタレント・江原啓之(53)は「立って仕事がしたい。座りっぱなしというのは腰に負担がかかりやすい。エコノミー症候群とか」と解説した。ふかわが「立ってると集中できないような印象がありますが、立ちながら仕事をした方がアイデアとか浮かびやすいのかも」といい、「この番組も立ちながらやります?」と発言。さらに「座って出る言葉と、立って出る言葉は少し違う気がします。美術さん、予算1500円でセットの改良をお願いします」と続けると、コメンテーターの女優・美保純(57)も「立ちながらやった方がリズム感が出るかも」と同意していた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)