ゆきりん、AKB2人目の大河ドラマ出演…「西郷どん」で前田敦子以来

2018年6月14日6時0分  スポーツ報知
  • セットの前で勢ぞろいした(左から)迫田孝也、水川あさみ、小栗旬、鈴木亮平、黒木華、柏木由紀、田上晃吉

 俳優・鈴木亮平(35)が主人公の西郷隆盛を演じるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜・後8時)の新キャスト発表会見が13日、都内で行われ、初めて同局ドラマに出演するAKB48の柏木由紀(26)ら11人が発表された。

 柏木は隆盛の長弟・吉二郎(渡部豪太)の妻・園役。5月上旬にクランクインし、8月5日の放送回から登場する。物語の舞台である鹿児島出身で、「鹿児島にゆかりのある西郷さんの物語に出させていただけて光栄です」と緊張気味にあいさつ。収入が絶たれた西郷家を明るく切り盛りする役柄で、「『薩摩おごじょ』らしく、吉二郎さんを一、二歩下がって支えるような妻を演じたい」と意気込んだ。

 同局によると、AKB48メンバーで大河の主要キャストを演じるのは、2010年「龍馬伝」の前田敦子(26)以来、2人目。

 柏木はこれまで、テレビ東京系深夜ドラマ「マジすか学園」(10年)などに出演し、同局系「ミエリーノ柏木」(13年)で初めて連ドラ主演を務めた。

 またこの日、7度目の大河出演で坂本龍馬役が発表されている小栗旬(35)も同席した。

AKB48
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)