野性爆弾・くっきー、過去に「吉本」からの独立を画策して誘ったコンビを告白

2018年6月17日22時48分  スポーツ報知
  • 野性爆弾・くっきー

 お笑いコンビ「野性爆弾」くっきー(42)が、17日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)に出演し、過去に事務所独立を計画するも失敗していたことを明かした。

 白塗りのものまねメークで人気のくっきー。昨年までは今ほど仕事がなく給料が少なかったため「ギャラの低さ」に腹が立ち「吉本からの独立を決意」したという。

 事務所からの独立に備えて引き抜きを画策し、営業に強い社員2人と妻、さらに「M―1」王者の人気コンビに「俺、独立するねん。一緒に組まないか」と誘った。

 くっきーの誘いを人気コンビの2人は拒否。給料は「倍出す」とまで言って口説いたが「現在、充実しているのでくっきーさんにはついて行けないです」と断られたという。

 スタジオに2008年のM―1王者の「NON STYLE」が登場。「確かに声を掛けられた」と振り返った石田明(38)は「ギャラの交渉とかもするんですけど、『お金はどこに入るんですか?』って聞いたら、くっきーさんの元に入って、そこから払うと。(ギャラは)どれぐらい入っているかは煙に巻く」と暴露した。

 番組MCの東野幸治(50)は「やっていること吉本と一緒」と事務所後輩を笑っていた。

芸能
注目トピック