元代表・中沢佑二、コロンビア戦に挑む日本代表に注文「90分全力守備!」

2018年6月18日14時15分  スポーツ報知
  • ロシアW杯・コロンビア戦へ向け練習する日本代表

 サッカー元日本代表DF・中沢佑二(40)=横浜M=が17日深夜放送のTBS系スポーツ番組「スーパーサッカー」に生出演し、ロシアW杯初戦のコロンビア戦に挑む日本代表へエールを送った。

 現地のスタッフ予想スタメンは、GK川島-DF長友、槙野、吉田、酒井宏-DMF柴崎、長谷部-OMF乾、香川、原口-FW大迫の4-2-3-1。

 これに中沢は「12日のパラグアイ戦での調子を見てのメンバー変更もあるのかなと。僕的にもこんな感じなのかなと思います」とした上で、「でも(1トップには)岡崎が欲しいんですけどね」と岡崎がけがで調整が遅れていることを悔やんだ。

 パラグアイ戦で柴崎とコンビが良かった山口ではなく、長谷部をスタメンとしたことには「(長谷部が)いるいないでは精神的にも違うのかなと思います。(選手へ)声を掛けられますし、レフェリーともコミュニケーションが取れますから」と納得した。

 しかし、「個人的には、槙野と昌子を入れ替えるのもありかな。鹿島の昌子は、クラブW杯でRマドリードと対戦したこともありますし、ぶっつけ本番にも強い。1対1に強い槙野も魅力的なんですが、みんなで守るとなった時は昌子の方がいいかなと思います」と解説した。

 日本代表へ「90分全力守備!」と注文した中沢。「とにかく立ち上がりから、(前半)1分から前線、中盤、ディフェンスもスライディングをばんばんするくらいの、厳しくいくぞと。コロンビア相手にびびらずに、勇気を持っていくぞというのを相手に見せないと。初戦だから90分体力を取っておかないと、とかいらないです。最初から全力で飛ばすんです」と熱く語りかけた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ