マヂラブ野田、M―1優勝へ「ライバルは上沼恵美子」

2018年6月21日16時19分  スポーツ報知
  • 突然シャツを脱ぎだし上半身裸になった「マヂカルラブリー」の野田クリスタル

 お笑いコンビ「マヂカルラブリー」(以下、マヂラブ)が21日、都内で行われた漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2018」の開催記者会見に出席。ボケ担当の野田クリスタル(31)はライバルに、昨年の決勝審査員を務めた上沼恵美子(63)を挙げた。

 昨年12月、マヂラブは7度目の挑戦で初めてM―1決勝大会に進出。そのファーストラウンドで上沼との因縁が勃発した。「野田ミュージカル」と題し、野田が舞台を動き回るものの、なかなか舞台が始まらないネタを披露したが、10組中でダントツの最下位。100点満点の83点と厳しい点数をつけた上沼から「ごめん、聞かないで。好みじゃない。よく決勝残ったなと思った」と酷評された。

 あれから半年。野田はこの日の会見で、優勝公約について「優勝したら、お世話になった人に還元したい」と穏やかに話した直後、おもむろにシャツを脱ぎ始めマッチョな上半身を露出。半裸状態で「優勝できなかったら、ひと思いに大会ごとぶっ壊してやる。下半身も脱いで、ぶっ壊す」と絶叫した。ライバルを聞かれると、会場を指さし「上沼さんです」と答え、昨年のリベンジを誓った。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)